医療機器は診療科目によっても大きく変わります。資金調達にも大きく関わってくる部分になります。
購入、またはリースの場合があります。

・購入のメリットデメリット

 ・購入の費用だけで済む

 ・減価償却により経費計上ができる。

 

 ・初期費用が高額となってしまう。

 ・仕様の変更があった場合に再び購入の費用が掛かる。

・リースのメリットデメリット

 ・初期費用を抑えることができる。

 ・償却資産税がかからない。

 ・借入に比べて手続きが簡易的。

 ・新たな仕様が出た場合にプラン内での変更が可能。

 

 ・期間途中での解約が難しい。

 ・プランによっては期間途中での仕様変更に対応できない。

スタッフの募集

・当事務所は社会保険労務士と連携しておりますので、面接の際にご同席させていただき、先生に代わり社会保険に関するご説明をさせていただくこともできます。

宣伝広告

・クリニックを探される際には多く方がインターネットを経由して検索されています。

 ホームページの充実は集患に直結する大切な要素となります。

 当事務所からホームページ作成業者様をご紹介させていただくこともできます。